「チボー家の人々」のこと

前回の本の紹介の総論1:文学の中で、フランス文学についてはカミュなど色々と読んだが、夢中になっている作家は特にいないと書いた。だが、非常に大切な人を忘れていた。これはいかん。ロジェ・マルタン・デュ・ガールの「チボー家の人々」。うっかり忘れていた。とんでもない失敗。

早速補足させていただがなければと入力している。「チボー家の人々」は長編の大河小説で8部11巻からなる大作。日本でも白水社から全13巻ものとして長きに渡って出版され続けている。

f:id:atsuatsutakechan:20200209233026j:image

僕もこの長編を夢中になって読み、今までで最も感銘を受けた小説の一つとなっている。カトリックの厳格な父の元で育った二人の対照的な兄弟の幼少期から死ぬまでを描いた息の長い小説で正に大河小説と呼ぶのが相応しい。

兄のアントワープは父の後を継いで医者となるが、弟のジャックは感受性が強い傷つきやすい人間で、少年期から父に背いて施設に入れられるなど様々な問題を抱えながら成長していく。やがて社会問題に目覚め、革命運動に身を投じる。時あたかも第一次世界大戦の開戦直前。ジャックは仲間とこの無意味な戦争を何とかやめさせそうと奔走するのだが、遂に戦争は始まってしまう。それでも諦めきれないジャックは起死回生のアイデアを思いつき、それに命をかけるのだが・・・。

 

何と言ってもジャックが魅力的で、心を奪われる。彼の屈折した複雑な心情も共感できるものばかりで、感情移入してしまう。だが、エリート医師になる兄のアントワープの人物像も中々魅力的なのである。

その二人を巡る女性たちの恋のエピソードも胸に迫るもので、これは実に魅力的な素晴らしい小説なのだ。

f:id:atsuatsutakechan:20200209232704j:image

特に、全体の3割以上を占める「1914年夏」は第一次世界大戦前夜のヨーロッパ各国の政治状況と国際関係が生き生きと描かれ、膨大ながらも一気に読み終えてしまう。この「1914年夏」は1937年のノーベル文学賞に輝いている。戦争を何とか止められないかと必死で奔走するジャックと読む者は運命を共にするようで、その盛り上がりは半端ではない。

f:id:atsuatsutakechan:20200209232730j:image

f:id:atsuatsutakechan:20200209232741j:image

f:id:atsuatsutakechan:20200209232819j:image

これは超一流の純文学の系譜に連なる名作中の名作だと僕は信じて疑わないのだが、どうしても分からないことがある。というのは、この「チボー家の人々」は文学としては冷遇されている、正当に評価されていないのではないかと思われてならないのである。

 

もちろん、この大作は日本でも白水社から出版され、戦後多くの日本人にも愛読されて来たことは事実である。僕も子供の頃、この小説が書店の棚に並んでいたことを子供心に良く覚えている。

だが、これは正当な純文学として取り扱われているのだろうか?大河小説ということで、大衆文学の扱いを受け、軽く見られているように思えてならない。

マルタン・デュ・ガールもフランスの大作家、文学者という扱いはまるでされていない。岩波文庫の「フランス文学案内」には、フランスが輩出した古今の作家達が非常に細かく掲載されているのに、マルタン・デュ・ガールの名前もチボー家の人々の名前も一言もないのだ。何たるスキャンダル。

これは単なる大衆小説なのか?

ジャックの心象風景は十分に文学的だし、戦争反対の社会意識も、苦しい恋愛も、戦後の兄アントワープの地獄のような苦しみなど、どう考えてもただの大衆小説という次元のものではない。ノーベル文学賞も受賞しているのだ。

 

不思議なのである。これだけの人気小説で、ノーベル文学賞まで受賞しているにも拘らず、何故か翻訳はこの白水社から出ている山内義雄によるものしかないのである。

同じフランスのプルーストが神のように高く評価され、代表作の「失われた時を求めて」が20世紀最高の文学と呼ばれる中にあって、書かれたのもほぼ同時期(失われた時を求めては1913〜1927。チボー家の人々は1922〜1940)で、ほぼ同じ長さであるにも拘らず、この扱いの違いは一体何なんだ!と思ってしまう。

20世紀最高の文学と言われるプルーストとその最高傑作「失われた時を求めて」と比べるのはいかにも部が悪そうだが、「チボー家の人々」の熱心なファンとしては、そう言ってしまいたくなる。

 

プルーストの「失われた時を求めて」は、元々有名な翻訳がいくつも存在していたが、最近では更に集英社文庫岩波文庫から新しい訳が競い合うようにして出て、更にこれからも光文社文庫からまた新しい翻訳が出ることが決まっている。

どうやらこちらには7種類の翻訳が百花繚乱の如くに立ち並んでいるのに、チボー家の人々の人々は1952年に訳し終えた山内義雄訳一種類しかないのだ。

日本のフランス文学者にとってはこのチボー家の人々マルタン・デュ・ガールは見向く価値もないような扱いを受けているとしか思えない。

まあ文学の質が違うということなのであろうが、残念でならない。

f:id:atsuatsutakechan:20200209232909j:image

f:id:atsuatsutakechan:20200209234600j:image

新しい翻訳が読めないのなら自分で原書をと、フランス語の原書を購入して眺めたりしているのだが。

f:id:atsuatsutakechan:20200209232927j:image

もうこの辺りで、新しい訳によるチボー家の人々が文庫となって書店の店頭に並ぶことを夢見ている。

 

日本のフランス文学者には見向きもされない「チボー家の人々」だが、この小説を愛読し、その影響を基に素晴らしい作品を書いてくれたのが短い漫画だというのはあまりにも歯痒い。

高野文子の「黄色い本」。だが、この漫画は実に感動的で素晴らしいものだ。この漫画の存在が僕の欲求不満を慰めてくれる。

f:id:atsuatsutakechan:20200209232948j:image

但し、小説を読み終わってから読まなければならないので、その点はご注意を。