ギンレイで観た全映画を語る11

シリーズ第11回目です。

このところブログ記事が進みません。ギンレイホールで観た映画の各論編が思うように進みません。一つはラグビーのワールドカップのせい。ラグビーに夢中になり過ぎました!

そのラグビーのワールドカップも感動のうちに全て終了してしまいました。ラグビーロス‼️

 

そして、先週ギンレイホールで観たばかりの「希望の灯り」にノックアウトを食らって、少し脱線してしまったせいもあります。本当はこの「希望の灯り」について書きたいのですが、シリーズの先を急ぐことにしましょう。

 

今回はエピソード=トリヴィアは省略させてもらって、早速、久々の個別映画の紹介に入ります。

 

31.2018.5.5〜5.18

ノクターナル・アニマルズ  アメリカ映画

監督:トム・フォード

出演: エイミー・アダムズ、ジェイク・ギレンホール

f:id:atsuatsutakechan:20191103180230j:image

これはベルリン国際映画祭審査員グランプリに輝いた作品なので、傑作には違いないのだが、中々複雑な作りになっていて、集中してじっくりと観ないと話しについていけなくなる。

現実に今、起きている事実と、映画の中で特別な意味を持つ「小説」が映像となって表現されるのだが、そのいずれも同一人物が演ずるので、何だか区別がつかなくなってしまう。つまり映画の主人公が、その主人公が書いた小説の映像化の中でも主人公を演じるのである。それだけではない。小説世界ではない現実世界においても、現在と過去とが行ったり来たりするのである。これは相当頭の中を整理して観ないとこんがらがってしまう。

しかし、逆に言うと、その点さえ気をつけて観れば、これはかなり良くできた一級品だということ分かってくる。相当な傑作であることは間違いない。

 

デザイナーとして成功したヒロインの元にもう別れて20年以上も経つ元夫から小説が送られてくる。その小説のタイトルがノクターナルアニマルズ、「夜の野獣たち」。そして映画はその元夫が書いた小説の内容を、現実世界の映像と並行して描いていくわけだ。小説の中の世界と現実の世界とが複雑に絡み合ってくる。

そもそもこの元夫婦はかなり辛い別れ方をしていた。妻から愛想をつかれ、夫としては全く納得できない状態のまま別れざるを得なかったのだ。妻が愛想を尽かしたのは、夫の優柔不断な性格と小説家として成功できないだろうと彼の能力を見限ったせいもある。

そして20年振りに送られてきた小説は、妻と娘がチンピラ達に誘拐される残酷で神経を逆撫でされる実に衝撃的な話しであった。むしろ毛嫌いされそうなのに、元妻はその小説の中にかつての夫にはないものを感じ、魅力を感じてくる。

これは元夫の愛なのか、それとも復讐なのか?

過激な小説世界が進行する中で、元夫婦の関係も明らかに変化してくるのだが・・・。

f:id:atsuatsutakechan:20191103180351j:image

様々な要素が錯綜する複雑なストーリーではあるが、実に観応えがあって、僕は大いに堪能させられた。

元夫にして小説世界でも悲劇の主人公を演じるジェイク・ギレンホールがもう絶品だ。僕はこの底知れぬ憂いと悲しみを体現できるギレンホールの大ファンなのだが、この映画でもその持ち味を存分に発揮。

ちなみにギレンホールって、あまりにもギンレイホールと同じ名前。驚きですよね(笑)。

f:id:atsuatsutakechan:20191103180412j:image

妻役のエイミー・アダムスも素晴らしい。

これはハラハラドキドキさせられながら、観る者に人生の何たるかを迫り、深く魂を揺さぶらずにおかない傑作だ。

2回観てもらうと映画を通じて何を訴えたかったのか、良く理解できるのではないか。複雑だからと敬遠されないことを切に望む。

そのためにはレンタルショップは実にありがたい存在となる。僕なんかは直ぐにブルーレイを購入してしまったが。

 

否定と肯定  イギリス・アメリカ合作映画

 監督:ミック・ジャクソン

 出演:レイチェル・ワイズトム・ウィルキンソンティモシー・スポール

f:id:atsuatsutakechan:20191103180428j:image

これは驚くべき映画。ナチスホロコーストがなかったと主張するイギリスの歴史家から名誉毀損で訴えられたユダヤ人女性の歴史学者が裁判でその真実を争うというストーリー。何と実話だと言うから驚嘆するしかない。

ナチスホロコーストという蛮行を今更否定してみても始まらない、あんな紛れもない歴史的事実をハッキリと否定する勢力があって、更に裁判で争われるとは。

 

ヒトラーナチスが研究テーマでもある僕は、数多く描かれてきたナチス関連の映画をそれこそたくさん観てきたが、こういう視点から描かれた映画はこれが初めて。こんな描き方があるんだなあといたく感心したが、観ていて本当にやりきれなくなる。

f:id:atsuatsutakechan:20191103180515j:image

裁判上の戦略で、実在の主人公リップシュタットは、裁判で自らが直接反論することを禁止されてしまう。弁護士が代わって答弁するのだが、それがいかにもやりきれなさを増長する。まともなことをまともに主張できない口惜しさを散々味合わされることになる。

前代未聞の裁判の行方も気になるが、とにかくこんな馬鹿なことで議論することの不条理に怒りが収まらない。

f:id:atsuatsutakechan:20191103180453j:image

日本では南京大虐殺があったかどうか、またその規模がどの程度だったのかを巡って今でも燻り続けているが、まさかあのナチスユダヤ人大虐殺でもそんなことを主張する有識者がいることに唖然とさせられる。

と言いながら、僕はかつて日本でも『ナチスの「ガス室」はなかった』という日本人の内科医が書いた記事が雑誌マルコポーロに掲載され、大騒動が起き、知る人ぞ知る有名な編集長が更迭され、雑誌そのものも廃刊になったことを、もちろん良く覚えている。日本でもこんなことがあったのだ。1995年のこと、まだ最近のことだ。

本当にやりきれない。現実を直視しようとしない人間が存在することに、どうしようもない憤りが込み上げてくる。この嘆きをどこにぶつけたらいいのだろうか?

 

32.2018.5.19〜6.1

非常に重い2本立ての後は、一挙に雰囲気が変わって、健気な子供たちの心温まる優しい映画に切り替わった。この対比がまたギンレイホールならではだ。

 

◯ gifted/ギフテッド アメリカ映画

 監督:マーク・ウェブ

 出演:クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、オクタヴィア・スペンサー

f:id:atsuatsutakechan:20191103180539j:image

特別な才能に恵まれた天才の子供をギフテッドと呼ぶことは日本でもかなり浸透してきたようだ。

この映画に登場する女の子も正にそのギフテッド。数学の恐るべき才能の持ち主だ。母親は死んでいてその弟である叔父の2人で仲良く暮らしている。

叔父は亡き姉の遺志もあって、その天才少女を特別扱いせずに、普通に教育し育てていきたいのだが、遂には英才教育推進派の祖母によって裁判沙汰にまで持ち込まれ、親権を奪われる危機に瀕してしまう。この天才少女の未来や如何に?そもそも彼女の幸福はどこにあるのだろうか?

f:id:atsuatsutakechan:20191103180608j:image

f:id:atsuatsutakechan:20191103180625j:image

もうこの天才少女を演じるマッケナ・グレイスの可愛らしさと天才的な演技力にメロメロになってしまう映画。マッケナ、本当にギフテッドじゃないんだろうかと感嘆させられる。実に愛くるしく、言葉に言い表せない底知れない魅力をこれでもかと発散する。彼女の演技を観るだけで一見の価値がある。

それにしても、この普通の教育を受けさせたいとする叔父の気持ちも痛いほど分かるが、こういう天才は本当にどう育てられるのが幸せなんだろうと考えさせられる。本人の意思を何よりも尊重したい、そうするべきだ、と当たり前の答えに行き着いてしまうのだが。

f:id:atsuatsutakechan:20191103180708j:image

 

◯ はじまりのボーイ ミーツ ガール  フランス映画

 監督:ミシェル・ブジュナー

 出演:アリックス・ヴァイヨ、ジャン=スタン・デュ・パック、シャルル・ベルリンク 他

f:id:atsuatsutakechan:20191103180733j:image

これは愛すべき小品と呼ぶべきだろう。

チェロの天才少女が目を患って視力が日毎に衰えてくる。それでもそれを乗り越えて音楽大学に進もうとするのだが、当然に視力に負荷がかかるため、両親はチェロをやめさせたい。

そんな少女に淡い恋心を抱く男の子。少女はチェロを諦めざるをえないのか?

f:id:atsuatsutakechan:20191103180850j:image

これも「ギフテッド」と同じテーマだ。天才的な天分に恵まれている子供は、それを伸ばそうとするにあたって大きな支障が生ずる場合に、どうすべきなのか?

これもやっぱり本人の気持ち次第だよな、それを両親や周囲がいくら本人のためだと言っても、容喙することは避けるべきだと、これまた当たり前のことを言ってしまいたくなるが、親には親の、子供には計り知れない思いもあって、そんなに簡単なことではない。映画は一つの解決策を示すが、これが本当に一番いいことなのかどうか?簡単に解決できる問題ではないのだ。

 

4本しか紹介できなかったのに、またまた長くなってしまった。

次回をお楽しみに。

 

 

全映画を紹介するワケは?

この記事は「ギンレイで観た全映画を語る」シリーズの冒頭のエピソードというかトリヴィアとして書いたものなのですが、独立させることにしました。以前にも触れていることではありますが、連載の本質に関わる大切な話しではあります。

 

このブログを読んでくださっている職場の知人から、この記事を読んでいいなあ、観てみたいなあと思っても、その時にはギンレイホールでは既に上映が終わっているんですよね?と言われ少し唖然とすると同時に、そうか確かにそういうふうに思われる方もいらっしゃるなと、ブログ記事の目的と狙いを振り返るいい機会となりました。

 

そうです。とっくに上映は終わっているんです。ですから、この記事を読んで、ギンレイホールでその映画を観たいと思われてもどうしようもありません。これは謝るしかありません。

 

ギンレイホールは、何回も書いていますが、同時上映の2本の映画が2週間しか上映されません。したがって、ブログの記事を読んで観たいなあと思われても、もう時既に遅し。しかもこの連載は過去に僕がギンレイホールで観た映画を振り返って感想などを書いて紹介しているわけですから、間に合わないどころか、もう歴史を語っているようなもの。その紹介映画をギンレイホールで観ることは全く叶いません。

ちなみに今、紹介している映画は昨年の春から夏にかけて上映されたもので、上映から既に1年半くらい経っています。

言い換えれば、僕は今、ギンレイホールで上映された約1年半前の映画を、思い出しながら書いているわけです。今、観たいと思われた方には申し訳ない!としか言いようがありません。

 

実は、少し「野心」があって、このシリーズ企画が終了し、過去にギンレイホールで観た映画の紹介が全て紹介し終えた後は、それは現在上映中の映画に「追いついた」ことを意味するわけですが、そうなった暁には、2週間の上映期間中の出来るだけ早いタイミングで観て、まだ上映されている期間中に、その上映されている2本の映画をできるだけ早く紹介し、ギンレイホールに人を集めたい。あの大スクリーンで観ていただきたい、その一助になれないだろうかという「野心」です。かわいい野心でしょう?「野望」と言うには仰々し過ぎて。そもそも僕の記事の影響力なんて無きに等しいのに。

そんなことを一応計画はしています。ですが、まだまだ1年半も前の映画の紹介をしている今、実現するのは、まだまだかなり先のことになりそうです。

それまでは、ギンレイホールで上映された過去の映画の紹介に留まってしまいます。

ですが、前にも書きましたが、ここで紹介した映画は特別なものを除いて、ほとんど全てがディスクとして販売あるいはレンタルされています。今では信じられませんが、某大手レンタルショップに行けば、多分100円で1週間丸々借りられはずです。

f:id:atsuatsutakechan:20191103174005j:image

僕は基本的に映画は劇場の大画面で観ないとダメだという主義ですが、観たいと思った映画を映画館で観ることができない以上、DVDやブルーレイでテレビで観ることは仕方がありません、むしろディスクで簡単に観ることができることを喜ぶべきだと考えています。

ちなみに僕の場合は、想像がつくと思いますが、気に入った映画はそのブルーレイを直接購入してしまうわけです(笑)。そうして集めたブルーレイが早くも軽く1,000枚を超えています。

ギンレイホールで観た映画は魅力的なものばかりなので、ギンレイホールで観た映画の7割近くはブルーレイを購入しているという始末。

写真はその中から最近紹介させてもらったもののほんの一部です。

 

とにかく映画は実際に観てもらわなければどうしようもないのです。先ずは観てもらうことに最大の価値があります。

f:id:atsuatsutakechan:20191103174019j:image

僕のブログを読んで、レンタルショップで借りて来て観ましたよ、良かったです!という読者からのご連絡を何人かからいただいています。

この記事を読んでくださっている読者の皆さん、どうかお願いです。

この映画紹介を読んで、いいなあ、観てみたいなあと思われたら、どうかためらわずにレンタルショップに足を運んでみてください。それでないと、この連載の意味がありません。そして素晴らしい映画の感動に包まれていただけたら‼️よろしくお願いします。

ギンレイで観た全映画を語る10

シリーズ第10回目です。

大学時代の合唱団の仲間との40年ぶりの山口旅行や、ラグビーワールドカップのスタジアムでの更なる観戦等が続いて、しばらくご無沙汰してしまいました。

遅れを取り戻さなければ。ドンドン進めていきましょう!

 

その前にギンレイホールにまつわるエピソードを手短かに一つ。

 

【エピソード7】

先々週ギンレイホールに行った際、えっ!?

と驚くことがありました。

ギンレイホールでは映画本編がスタートする前に、当然のことながら次回上映作品の予告編が流れます。そして、例の動物キャラクターが楽しいマナーCMが流れるわけですが、その間にギンレイホールそのもののCMが流れます。

これ、かなり気に入ってます。ちょっとノスタルジーに満ちたBGMをバックに「あなたは何本ご覧になりましたか」とのメッセージが入ります。

その際に、過去にギンレイホールで上映された数多くの映画のタイトルが浮かび上がっては消える映像が流れます。ここにたくさんの映画タイトルが浮かび上がってくるのですが、この映画タイトルが一新されました‼️

背景の色も変わったように感じます。

先日まではかなり前の映画タイトルばかりでしたが、すっかり一新して、おおっ!と声を上げてしまいました。

つまり、最近上映された映画のタイトルに入れ替わったわけですが、その新しいタイトルが、正に僕が連載を続けているここ2〜3年のものに一新されたのです。正にこのギンレイホールで観た映画ばかりが浮き上がってきます。これは非常に嬉しかったですね。

それぞれのタイトルは直ぐに消えてしまうため、鮮明に記憶できませんが、気がついたものだけでも、あの「マンチェスター・バイ・ザ・シー」や「ラ・ラ・ランド」「ダンケルク」「しゃぼん玉」「湯を沸かすほどの熱い愛」など、既にこのブログで熱く紹介してきた作品が並びます。そしてこれからの紹介となりますが、僕が熱愛してやまない「スリー・ビルボード」まで入っていて感無量。本当に嬉しくなってしまいました。

実際にその劇場で観たものが上がってくるのは嬉しい。ちゃんとこのギンレイホールで観たぞ!という証のようで少し胸が熱くなるものがあります。こんなところにも注目してみてください。

さあ、映画の紹介に入りましょう!

 

(追記)

その後、観たら「ダンケルク」「しゃぼん玉」「湯を沸かすほどの熱い愛」は僕の思い込み。期待する思いが強過ぎて、載っているように信じてしまいましたが、実際にはありませんでした!直ぐに消えてしまうんです。

邦画タイトルが少ないのが残念ですが、嬉しい思いに変わりはありません。

 

29.2018.4.7〜4.20

 ◯ 婚約者の友人  フランス・ドイツ合作映画

  監督:フランソワ・オゾン

  主演:ピエール・ニネ、パウラ・ベーア他

 

これは今をときめくフランス映画界の精鋭フランソワ・オゾン監督のミステリーということで非常に楽しみにしていたが、期待が大き過ぎたのか。少し期待外れだったと正直に言ってしまう。

第一次世界大戦終了直後のドイツ。戦争で婚約者を失い、悲嘆に暮れているアンナは、婚約者の墓で涙している見知らぬ男を目撃する。戦争前にフランスで親しくしていた友人だと名乗る。アンナも亡くなった婚約者の両親も温かく迎え入れ、やがてアンナはフランツに婚約者の友人という以上の感情を抱くが、ある日突然、フランツは姿を消してしまう。アンナは彼を探す旅に出るのだが・・・。

何か大きなどんでん返しや謎があるんだろうと期待していたが、それは裏切られることになる。この映画は宣伝というか予告編を含めて紹介の仕方に問題があると、今回はハッキリと言わせていただきたい。

ミステリーが強調されるので、何かとんでもない謎があるんだと期待してしまうが、この映画はそういう映画ではなく、戦争によって人生を狂わされてしまった若者たちの辛い体験とそこからの再生を描こうとする深い人間ドラマに他ならない。戦争に翻弄される若い男女の苦悩と葛藤。根底にあるのは深い反戦への思い。

そう捉えれば、これは深い悲しみを湛えた実に感動的な作品で、オゾン監督の新境地を切り開いた名作と呼ぶしかない。

 

 ◯ エタニティ 永遠の花たちへ  フランス・ベルギー合作映画

  監督:トラン・アン・ユン

  主演:オドレイ・トトゥ、メラリー・ロラン

f:id:atsuatsutakechan:20191018202236j:image

この映画はとっても気に入った。全く期待していなかったのに、何も知らずに観て一挙に大好きになる映画との出会い。ギンレイホールならではの典型的な感動がこの映画でも実現した。こういう時が一番嬉しい。正に至福の時である。

f:id:atsuatsutakechan:20191018202252j:image

ストーリーはあってないが如く。ある女系一家の三代に渡る家族史を淡々と描いていくだけだ。細かいエピソードをあげても仕方がない。恋が生まれて結婚があり、出産が続いて、子供が成長し、親しい者との死別があり、そうして流れていく家族のヒストリー。それがもう信じられないほどの美しい映像で綴られていく。

これはもうその美しい映像をひたすら堪能してもらうだけの映画。けなしているわけではもちろんない、それってこれ以上ない至福の映画体験に他ならないではないか!

 

この映画はフランスとベルギーの合作だが、正にあのフランス印象派の美しい絵画を見るかのよう。モネやルノワールの美しい絵画の数々が映像となって目の前で動く。そこに美人女優によるささやかなエピソードが付加されるという趣の映画。何だか退屈そうに聞こえてしまうかもしれないが、とんでもない。この映像の美しさは尋常じゃないレベルに建っているし、長回しを多用したカメラワークも傑出していて、映画を観る醍醐味に満ち溢れている。観ていてその美しさにただただ溜息を吐くばかり。

正直言って、これだけ美しい映画は中々思いつかない。そして大胆にも、僕が熱愛してやまないあのスタンリー・キューブリックの「バリー・リンドン」に勝るとも劣らないものだと言ってしまいたくなる。映画的完成度はキューブリックにとても比べられないが、こと映像の美しさと色彩の豊穣さでは、本当に「バリー・リンドン」と並び立つものだ。

f:id:atsuatsutakechan:20191018202314j:image

監督はトラン・アン・ユン。ベトナム出身だ。12歳の時にベトナム戦争の戦火を逃れてフランスに移り住んだというが、この美的センスをどこで磨きをかけたのだろうか。どこからどう観たって、ここにはヨーロッパの第一級の美術と芸術の粋が宿っている。

f:id:atsuatsutakechan:20191018202331j:image

美しい映画にドップリと身を任せたい人にはこれ以上の映画はない。一人でも多くの方に観ていただきたい逸品だ。

         

30.2018.4.21〜5.4

ゲット・アウト  アメリカ映画

 監督:ジョーダン・ピール

 主演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ他

f:id:atsuatsutakechan:20191018202414j:image

これには興奮させられた。これも何の予備知識もなく観て、途中でワクワクドキドキ。観終わった後には、言葉に尽し難い満足感を満喫させられた貴重な映画。

これはジャンルとしては何になるのだろうか?それすら分からずにボケっと観ていた。

美しい白人女性と恋に落ちた黒人の主人公は、彼女の実家に招かれるのだが、当然怪訝そうな周囲の目と闘わなければならない。持ち前の反抗心で平気を装うあたり、これは黒人への差別と偏見を取り扱った映画かなと思わせるのだが、いつのまにか、それこそ知らないうちにトーンがジワジワと変わって来る。

この変化は、これは一体何なんだと観ていて混乱をきたす程なのだが、何とも不気味でいかにも空恐ろしい。そして、遂に・・・。

 

これは本当におもしろかった。観終わった後の衝撃度と満足感は別格だ。願うらくはできるだけ事前情報や先入観を排除して、あなたの身も心も全て映画に委ねること。

そうすれば、必ずや最高の映画的興奮を味わえるはずだ。

 

◯ IT/イット“それ”が見えたら、終わり  アメリカ映画

 監督:アンディ・ムスキエティ

 主演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード他

 

ご存知スティーブン・キングのホラーの映画化。いかにもキングの原作らしい設定で、正にキングの世界がこれでもかと展開する。

少年達が怪奇現象に立ち向かうあたり、「スタンド・バイ・ミー」を皮切りに繰り返し繰り返し描かれてきたものだ。

それでもやっぱり引き込まれてしまうのは、キングのストーリーテラーとしての傑出した力のせいに他あるまい。

 

今回はかなり大掛かりで大いに楽しめる、いやハラハラドキドキさせられるが、僕は少し納得できないものが残った。

結局のところ、そのITとは何なのか?どうもよく分からない。そんなのありか?と思ってしまう。本質的な部分での種明かしがないと、ただ怖がらせ、不安がらせるだけで、僕は子供騙しとしか思えなくなる。

もう一工夫できなかったか?もう少し恐怖の本質に迫ってほしかったと思わざるを得ない。

これも熱心なファンからの反論を是非とも聞いてみたいところだ。

 

今回はここまで。