「スリー・ビルボード」に打ちのめされる

これにはやられた。打ちのめされた。激しく心を揺さぶられ、感動が収まらない。

スリー・ビルボード』がギンレイホールで上映されたのは、2018年の7月の後半だった。連日異常な暑さが続いていた頃だ。僕はこの映画を観るなり脳天に楔を打ち込まれたくらいに圧倒されて、一気にこの映画にのめり込んでしまった。ギンレイホールでは同一作品(2本立て)の上映は2週間サイクル。この間に僕は3回通い詰め、更に既に発売されていたブルーレイを即刻買い込んで、家族を巻き込んで繰り返し鑑賞。今日までに通算7回観たところである。そして観る度に新たな発見と感動があり、更にもっともっと繰り返し観たいとの欲求に駆られている。

f:id:atsuatsutakechan:20200112003025j:image

 

ギンレイホールで観た映画では既に紹介してきた『タレンタイム』や『淵に立つ』など生涯忘れえぬ名作や問題作に出会わせてもらったが、この『スリー・ビルボード』ほど心を揺さぶられた映画はない。近年稀にみる真の傑作だと断言したい。

 

【ストーリーは】

ストーリーもユニークなものだ。アメリカ南部のミズーリ州。とある田舎の母親が突然、さびれた道路脇に真っ赤な巨大な3枚の広告板を掲げるところから始まる。その広告には、地元警察への痛烈な批判が書かれていた。この母親の娘が9ヵ月前に極めて残忍な方法で強姦され殺害されたのに、地元警察は真剣に捜査を進めず、放置されており、母親が地元の警察署長を名指しで批判した広告板だったのだ。批判された警察署長は住民の人望が厚く、加えてがん療養中で余命が長くないことが知れ渡っていただけに、彼女のやり方に批判が殺到。特に怒りが収まらなかったのは所長を実の父親のように慕う黒人を徹底的に嫌っている差別主義者の暴力警官だった。

ところが母親もさる者で、住民の批判や警察官の圧力など全く気にも留めず、全面衝突にも発展しそうな一触即発状態に。3枚の巨大な広告板を巡って繰り広げられる想像を絶する人間模様と、劇的にして予測不可能な展開に一瞬たりとも目が離せなくなる。そもそも娘を虐殺した犯人は捕まるのだろうか。

f:id:atsuatsutakechan:20200112003045j:image

 

【一体どんな映画なんだ?!】

一体これは何という映画だろう。人間の本質をどこまでも掘り下げた稀有な映画と言うしかない。人間描写が生半可じゃないのだ。ここまで人間の本質と性(さが)を掘り下げた映画も稀だ。登場人物が全員、一筋縄ではいかない一癖も二癖もある人間ばかり。その上、登場人物の心のありようが微妙に変化し、変容を来していくので、深みはドンドン深遠さを増すことになり、観ている方は本当にこのドラマの奥深さ、人間観察眼の尋常じゃない深みに驚きを禁じ得なくなる。

 

【俳優と監督について】

主役の母親役を演じるのはフランシス・マクドーマンド。知る人ぞ知る名女優。コーエン兄弟の「ファーゴ」でアカデミー主演女優賞を獲得し、今回この映画で二度目の主演女優賞を獲得。美人とは程遠く、男以上に粗野で暴力的なウルトラおばさんを演じ切る。その存在感と抜群の演技力が周囲を圧倒してしまう。

批判される警察署長役のウディ・ハレルソンもさすがに素晴らしいが、彼を慕う暴力警官役のサム・ロックエルがすごい。これでアカデミー賞助演男優賞を獲得したが、本当にこれは必見の演技。

そしてやはり唸ってしまうのは、監督と脚本のマーティン・マクドナーだ。私はこの人を知らなかったが、ものすごい力量と手腕で、これから世界の映画シーンをリードするとんでもない逸材だと信じて疑わない。もともとイギリスの演劇界では著名な人で、自ら戯曲を書き、演出もする演劇界の天才らしい。それでここまでのシナリオが描けたんだと納得。それほどこの映画の中で語られる「会話」は奥が深い。登場人物たちが発するほんの短い一言、一言に生命が宿り、心の琴線を刺激してやまない。こんな体験は滅多にできるものではない。

f:id:atsuatsutakechan:20200112003109j:image

 

【驚嘆すべき撮影技術が出てくるが】

映像上のテクニックもものすごいものがあり、シネフィルを狂喜させる。ここにはとんでもないワンシーンワンカット長回し)が出てくる。これは驚嘆すべきものでどうやって撮影したのか想像もできないものだ。その他、映像と音楽のギャップを多用するなど驚異的なテクニックが目白押し。

 

でもそんなことはどうでもいいというくらいに、内容そのものが素晴らしい。こんなに対立し、いがみ合う人間模様ばかり描かれるのに、とどのつまりは愛。最後は愛に尽きてしまう。そして一見救いのないやり切れない映画のようでいて、愛はどこまでも深く、救いの光は見えそうだ。

映画の登場人物たち以上に、この映画を観る者も心の変容を迫られることになる。

ちなみにこの年のキネマ旬報ベストテンではぶっちぎりのベストワン。読者選出ベストテンでも断トツのベストワンで二冠達成。当然の結果だろう。

近年稀にみる真の傑作だと断言したい。音楽がまた最高で、これを観逃したら、大変なことになる。

ギンレイで観た全映画を語る13

シリーズ第13回目です。ギンレイホールで観た全映画の紹介、最近少し足踏みが続いている。トリヴィアを省略してドンドン進めたい。

 

36.2018.7.14〜7.27

スリー・ビルボード イギリス・アメリカ合作映画

 監督:マーティン・マクドナー

 出演:フランシス・マクドーマント、ウディ・ハレルソンサム・ロックウェル

 

さあ、『スリー・ビルボード』だ。本当に感動させられた大好きな映画。この映画を褒め称える文章なら、延々と書いていられそう。ありとあらゆる面から深い感銘を受けた2018年のブッチギリのベストワン。それどころかこれは10年いや20年に一本あるかどうかの超弩級の傑作だと断言したい。

ギンレイホールで観た映画にはいくつも忘れ難い名作や感動作があるが、その中でこのスリー・ビルボードは『タレンタイム』と勝るとも劣らない最高の一本。

 

この作品は、職場の広報誌に掲載された文章があるので、それを大幅に加筆修正し、別立てで紹介させていただく。是非、そちらをお読みください。

 

ここで、蛇足を承知の上で一つだけ補足させていただくことがある。

僕のブログを熱心に読んでくれている古くからの友人が、僕の大絶賛を受けてこの映画を観たものの、何だか良く分からなかったと。ストーリーが理解できないということではなく、どこがいいのか良く分からなかったという予想外の感想をもらって、蒼ざめたことがあった。

 

どうも彼女はあの主人公の女が素晴らしい人間、警察の不甲斐なさと無能さを告発した立派な人物として映画を観始めたのに、どうしても主人公に感情移入できなかったようなのである。

誰がどう見たってあのミルドレッドがいい人間であるはずはないでしょう⁉️どうしようもない不完全な人間ばかりが登場する中で、そんな人間同士でも分かり合えることは可能だし、変容することも可能だという一縷の望み。そこをどう捉えるか。

あのミルドレッドの攻撃的な荒んだ心の奥底には、計り知れない孤独感と罪の意識、自己嫌悪があることを読み取れないと、あの映画は確かに訳の分からないものになってしまう恐れはある。まあ、それも観る者の感性ではある。

とにかく一人でも多くの方に観ていただきたい稀有の名作だ。

 

15時17分、パリ行き アメリカ映画

 監督:クリント・イーストウッド

 出演:スペンサー・ストーン、アレク・スカラトス、アンソニー・サドラー 他 

f:id:atsuatsutakechan:20200112002709j:image

これまたクリント・イーストウッド監督による話題の新作だ。老境に入ったイーストウッドが仕掛ける新たな試みがあるということでかなり話題になった。テロ事件に巻き込まれたアメリカ人学生3人の実話を基にした映画を作るに当たって、何と実際の事件の当事者を映画に本人自身として出演させるという前代未聞の映画作りを行ったという。僕もこれには興味深々だった。よくぞそんな発想を持てるなと驚くばかり。

当事者の中の一人を映画に出演させるというレベルではなく、3人の主人公が全員揃いも揃って本人自身って、本当に考えられない。これじゃ映画ではなくて、ドキュメンタリーじゃないか⁉️

本当にイーストウッドには驚かされるばかりである。

f:id:atsuatsutakechan:20200112002730j:image

が、これは僕としてはつまらない映画だった。全く共感できず、興奮もせず、映画的満足度も全くなく、ひたすらつまらないものを観させられたいう不満だけが残った。

イーストウッドの試みは悪くなかったと思う。3人の素人というか、本人自身は実にいい味を出していて、好感を持てた。その中の一人二人は、そのまま映画俳優に転身してもいいんじゃないかと思わせる程、それなりにイケメンだし、存在感があった。

 

じゃあ、何がいけなかったんだ?

はい。映画に描かれた実際のテロ事件がショボ過ぎて映画にはならない、それに尽きるんです。

テロ事件が深刻な結果にならなかったことは実にありがたいことだけど、こんなショボい事件を映画にして、延々と付き合わさせないでください!って、そう言いたいんです。

 

3人のアメリカ人学生がヨーロッパ旅行に出て、あっちこっちの観光地を巡り、その旅の最後に乗り込んだアムステルダムからパリ行きの高速列車でたまたまテロ事件に遭遇し、彼らの活躍でテロは大事に至らずに済んだ、ただそれだけのお話。

映画は延々と彼らのヨーロッパで寛ぐ姿を描写。観光プロモーションビデオじゃないんだから、いい加減にしてくれよ、と言いたくなる。ヨーロッパのんびり旅行を描きながら、彼らの少年時代の人間形成なんかのエピソードが入ってくる。

 

テロ事件に絡むのは、最後のホンの15分程度じゃないだろうか。

3人の活躍でことなきを得て、彼らは一躍時の人、ヨーロッパでも、帰国後のアメリカでも称賛されて正に英雄となる、めでたしめでたし。やってらんない。観てらんない。

これではアメリカの国威発揚映画じゃないか。あのテロリストが何が原因でテロ行為に至るとか、そんな描写は皆無である。アメリカ称賛の映画。それにしてもパッとしない哀れなテロリストだった。

 

という次第。つまらない映画。でも、こんなものが、この年のキネマ旬報ベストテンでは6位につけていることに驚愕。読者選出でも同じく6位。う〜ん。もういい加減、イーストウッドの監督作品というだけで無条件に持ち上げることはやめてほしい。彼の作品はあまりにも高く評価され過ぎることに、僕は心を痛めている。

誤解のないように言っておくが、僕は熱心なイーストウッドファンで彼の映画を極めて高く評価しているものだ。だが、ダメなものはダメ。そこは一切の忖度はしない。

どうでもいいアメリカの学生3人がのんびりとヨーロッパの名所を巡る姿と、そのヨーロッパの名所を見たいという方は、是非どうぞ。

 

37.2018.7.28〜8.10

グレイテスト・ショーマン アメリカ映画

 監督:マイケル・グレイシー

 出演:ヒュー・ジャックマンザック・エフロンミシェル・ウィリアムズ

f:id:atsuatsutakechan:20200112002801j:image

これはとってもいい映画で本当に楽しませてもらった。

この映画の触れ込みでは、あの大ヒットした『ラ・ラ・ランド』のスタッフによる第2弾みたいなことを前面に出していたが、そういうのはどうかなって思う。これは明らかなミス・リード。ミュージカルの音楽の歌詞が同一人というだけ。歌詞です、歌詞。

作曲者も映画監督も編集者も、俳優達も全く別だ。先ずはこれを言っておかないと。それでいて、とってもいい映画、素晴らしいミュージカルなのだ。それを堂々と正面から訴えてほしい。

実在のサーカス興行師バーナムの一代記をノリのいい音楽で固めた実にできのいいミュージカル。主演は大人気のヒュー・ジャックマン。実際に本人が歌も歌っているということだが、これがまた実に上手くて、惚れ惚れさせられる。いい役者だ。サーカスではこの時代を反映して、数多くの様々なフリークスが登場するのだが、それを肯定的に描いており、素晴らしい。フリークスとは奇形、異形。今流に言えば身体障害者に入るのだろうが、この映画が彼らや彼女達の応援歌になっていることも共感を呼ぶ。

f:id:atsuatsutakechan:20200112002817j:image

僕がこの映画で最も感動させられたのは主人公が聞き惚れて、熱を上げることになるスウェーデン人の歌姫の歌、「ネバー・イナフ」。これには鳥肌が立った。実に感動的な素晴らしい歌。聴くものの心を鷲掴みにして離さない。映画の中であの歌に惚れ込んで夢中になる主人公の気持ちが痛いほど良く分かる。圧巻と言うしかない圧倒的な熱唱に、魂を揺り動かされるが、実は女優が歌っているのではなく、アフレコとのこと。残念!何度観ても本人が歌っているようにしか見えず、今どきの映像処理能力はすごいなあと妙なことに感心してしまう。

f:id:atsuatsutakechan:20200112002835j:image

いずれにしてもこれは聴く者、観る者に勇気と希望を惜しみなく与えてくれる貴重なミュージカルで、観ないと損します!

パンフレットが近年稀な実に立派なもので、更にハッピーな気分になる。

f:id:atsuatsutakechan:20200112002850j:image

 

◯ しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス   カナダ・アイルランド合作映画

 監督:アシュリング・ウォルシュ

 出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ハーク、カリ・マチェット 他

 

これはカナダで最も愛されていると言われる画家モード・ルイスの実話。偉大な大画家という存在ではなく、全くの素人が描いた絵が周囲から評判を呼んで、ドンドン人気画家になったという現代のドリームを体現した画家の物語だ。

 

身体に障害を抱えた主人公は生活のために横暴な男の家に住み込みとして家事の仕事を引き受ける。イーサン・ハーク扮する家主は如何にも横暴で無口な男だったが、ルイスも人付き合いが不器用で、愛想もないため、ある意味で似合いのカップルだったのかもしれない。

やがて二人は結婚に至るのだが、甘い恋とかそんなものとは程遠い。

重度のリューマチで手が不自由ながらも、孤独を紛らわせるために描いた絵が、ある人の目に留まって、次代に人気が出てくる。ルイスの絵はどうなっていくのか?この不釣り合いな不器用同士のカップルの愛の行方は?

 

ルイスに扮するサリー・ホーキンスの独壇場。この頃、サリー・ホーキンスは乗りに乗っていて、あの話題の傑作『シェイプ・オブ・ウォーター』のヒロイン役をこの直後に射止めることになる。

決して美人でも何でもないのだが、独特の存在感があって非常に印象に残る。ここでもルイスになり切って、この特殊な画家を完璧に演じた。イーサン・ハークは本当に名優で、これまた素晴らしい。

 

ああ、実質3本しか紹介していないのに、4,000字とは。長いなあ。今回はお気に入りと批判したい映画と色々言いたいことがあり過ぎた。ごめんなさい。

 

M-1優勝のミルクボーイ讃

1.娘に付き合う格好でM-1を見る

先週末、娘がどうしても見たいというので、M-1グランプリという漫才のコンテストのような番組をついつい一緒に見てしまった。吉本興業が主催する漫才のコンクールだと言う。

僕は本当に自分でも困る程の多趣味人間なのだが、漫才はもちろん、現在テレビ業界に数えきれない程いるお笑い芸人のことはあまり知らず、ハッキリ言ってほとんど興味もない。

何だお前はクラシック音楽と合唱、そして映画ばかりで、えらくお高く止まっているなと貶されそうだが、決してそうではない。落語はもう大好きだし、神田松之丞の影響か講談にもハマっている。お笑いが嫌いなわけでは決してないのだ。

 

このM-1、呆れる程に長い番組なので、最初のうちは見て見ぬフリを決め込んでいた。本を読んだり、楽譜を眺めたり。

でもリビングにいると、どうしても音が、つまり漫才のしゃべりが耳に入ってくる。そこで、否応がなく少し聞き始めてみる、というよりも、見始めてしまう。それでも適当に見ているだけだ。

だが、僕のような漫才ド素人でも、番組が進むにつれてドンドン熱を浴びてきて演じる方も審査員たちもボルテージが上がってくるのが痛い程伝わってくる。

 

2.ミルクボーイの登場

そこで、僕もついつい娘と女房につられて一緒になって見始めてしまう。でも、まだ心ここにあらずの状態。娘が応援していた和牛は見逃してしまったが、ミルクボーイというあまり知られていないコンビが登場してきた。それまでと同じようにボケッと見始めていたのだが、あろうことか瞬く間に引きずり込まれてしまった。僕は本当に漫才のことはほとんど知らず、ボケとツッコミも良く分からない程なのだが、このパッとしないコンビを見ていたら、もうこれが何ともおもしろくて、身を乗り出して見る羽目に陥る。いやあもうおもしろいのなんのって。僕だけではない。女房はプリンを食べながら見ていたのだが、思わず口から吹き出してしまったほどだ。

そのおもしろさはもう何と言っていいのか。先ずはツッコミの内海崇の実に聞きやすい滑舌の素晴らしさにある。何のアクションもなくただ話のネタのおもしろさだけが勝負なので、7割以上は一人で喋っているツッコミの言葉が聞き取れないと、正に生命取り。

その点、内海の言葉は実に明瞭、関西弁を駆使しながらも関東の人間でも聞きやすく、本当に聞いていて惚れ惚れとする滑舌の良さ。

その喋りの巧さと間の取り方の絶妙さに舌を巻いてしまった。

 

3.ミルクボーイの漫才のおもしろさは

ボケのおかんが気に入っている朝ごはんの名前が思いだせないので、ツッコミが一緒になって考えてあげるというただそれだけの話し。

答えを示しながらも、ボケが補うおかんのコメントを受けて、即座にその答えを否定することの繰り返し。ただそれだけのことなのだ。

それがどうしてこんなにおもしろいのだろう。肯定したり、否定したりする理由が実に奮っている。特におかんのコメントを受けて、さっき自分が言った答えをたちまち否定する理由が実におもしろい。本当にその答えは全くそのとおりなのだが、滑舌の良い大きな声で真っ正面から言われると、ただただ爆笑するしかない。

いやあ、本当におもしろかった。コーンフレークというどこにでもある身近な食べ物を巡って、ここまでの笑いを引き出す能力たるや、大変なものだと感服させられた。

 

過去のM-1史上の最高得点を獲得したというのが、僕には少しピンと来ない。というのはこのミルクボーイの漫才がめちゃくちゃおもしろかったのは事実であったが、これだけ世に受け入れられている漫才。これとはまた違ったおもしろさがあって、コンクールとなればこのあまりにも身近なネタがそんなに高く評価されることになるのかどうか、その審査基準が想像もつかない。ところがどの審査員も軒並み最高得点を付けた。

 

ファイナリストに選ばれたのは断トツ一位のミルクボーイとかまいたち、そしてペコパの三組。かまいたちもペコパもおもしろく、好感は持ったが、最後に演じたミルクボーイに、僕はまたまたビックリ仰天してしまったのだ。

何と今回は「最中」を巡る話し。えっと思ったのは始まると同時。

何と何と、「コーンフレーク」と「最中」と食べ物の違いはあっても、全く同じ展開なのであった。おかんが好きな食べ物の名前を忘れたから、ツッコミが一緒に考えてあげるという展開。即座に答えを出しながらもボケのおかんのコメントを聞いて、たちまち前言を覆して否定する、それの繰り返しだ。そう、食べ物の対象が変わっただけで、全く同じ展開と落ち。これは全く同じなのである。

僕は正直、こんなのあり?と思った。だが、これがとにかくおもしろい。おもしろくて、おもしろく、その都度爆笑してしまうのだ。

最初に聞いたコーンフレークの方が、否定の理由が斬新で、より魅力的ではあったが、最中も素晴らしい出来栄え。実に楽しめた。

 

だが、対象が違うだけで、同じ展開のネタがどう評価されるのか検討がつかなかった。かまいたちもペコパも相当おもしろかっただけに良く分からない。

それが蓋を開ければ、松本以外の全員がミルクボーイを押す圧勝に。

純粋におもしろいものを高く評価するという審査員陣の姿勢にも感服させられた。松本人志が「今年は、過去最高の大会だったのではないか」とコメントしていたが、へええと驚くことしきり。

というのは、ミルクボーイの二つのネタはめちゃくちゃおもしろく、好感を持ったが、そのネタはあまりにも身近な食べ物の話で、実に古典的だと感じたからだ。

これだけ漫才ブームが続いている成果として、僕のような漫才ド素人ではついていけないような深い世界、ありきたりに言えば評価の基準が違うのではないか?そう思っていたのだ。それが圧倒的な支持。身近なありきたりな小さなネタでも、とにかくおもしろければ高く評価される。そのあまりにも当然なことが認められたことに安心もし、嬉しかった。

 

4.誰もを傷つけない平和な漫才に感動

思えば、あのミルクボーイのネタには派手なアクションもなければ、何と言っても、暴力的な要素も相手をこき下ろじたり、バカにしたりという要素がこれっぽっちもない。極めて平和と平穏に徹したネタなのである。

もう40年も経つのだろうか。80年代初頭の突然の漫才ブームから多くのお笑い芸人が続出した。ビートたけしや紳助、そこから更に松本人志のダウン・タウンやとんねるずが世を席巻した当時、それは極めて荒々しいアクションや相手を徹底的にこき下ろし、侮辱し、攻撃するものばかりだったような気がする。極めて攻撃的なお笑い。もちろん、僕は漫才の世界を丁寧にフォローしてきていないので、自信はなく誤解があるかもしれないが、そんなイメージを払拭できない。

相手をバカにして、攻撃することで笑いを取るという根本的な姿勢がこのところの漫才の本質になっていなかっただろうか?僕が漫才ブームに乗れなかった一因はここにあったのは事実なのだ。

ところがミルクボーイの漫才はそれとは全く別のものだ。ミルクボーイは、相手を傷つけない。誰をも傷つけない。その人を、相方を、ネタの対象とされている食べ物そのものも、とにかく否定しない。誰をも攻撃しない。極めて平和的な漫才なのである。そして、聞く者、見る者を幸福感に包み込む。幸せな気持ちにしてくれる。

この平和で平穏で誰もを傷つけない漫才。僕は古典的と言ったが、実はこんなに斬新な漫才はないのでないかと思えてくる。

それがたまらなく嬉しい。

実は、ファイナリストに残ったペコパのネタの展開も実は相手を傷つけないということが斬新に感じられたのだ。

ボケとツッコミの2人のやり取りを聞いていると、いつもえっ?あれっ?とさせられるのだ。普通ならボケをこけ下ろすところ、それを認めてやるという意表を突く意外さで、受けを取る。そういう意味ではこれもまた人を傷つけない漫才の新しい形かもしれない。

もしかしたら、漫才の世界は変わりつつあるのか?

 

5.これなら、もしかしたら⁉️

それにしてもミルクボーイの平和と平穏さは徹底していた。誰をも傷つけないで、誰をも幸せにしてくれる‼️

僕の頭の中で漫才に対する認識を根底から覆した画期的なものとなったばかりか、これだけ優しさに溢れていて、人を幸福感に包んでくれるものなら、これだけ大きな笑いを誰からも引き出せるなら、今この瞬間にもいるイジメや生活苦、人間関係から死を考えている多くの少年少女やおじさん、おばさん達、多くのサラリーマン達に、自殺する前に、死を選択する前に、どうか4分だけ時間をいただき、この漫才を聞いてもらいたい。そんな欲求が沸沸と湧いてきた。

 

ミルクボーイの漫才は、もしかしたら人の生命を救う4分間になるのかもしれない。そんな気さえしてきた。

漫才の驚くべき世界、新たな可能性を知ることができてこんなに嬉しいことはない。

娘にも感謝しなければ。

 

どうかYouTubeで実際の映像をご覧になってください。著作権の関係でアップできないのがとても残念。