熱々たけちゃん
熱々たけちゃんです。 小学校4年から合唱を始め、同志社大学コール・フリューゲルで3年間合唱指揮に没頭。現在も合唱団東京フリューゲルの指揮者を20年間に渡って務めていますが、もちろんアマチュアで、本職は病院経営。病院の経営マネジメントの推進です。 30年以上に渡って医療業界に勤めています。いくつもの病院で事務長(事務局長・事務部長)を務め、病院の経営面でのマネージメントの適正化に取り組んでいます。 興味の対象、趣味が非常に多く、クラシック音楽全般、合唱、ジャズは特にヴォーカル、映画、文学、ノンフィクション、漫画、哲学、歴史、美術鑑賞など多方面に渡っています。 若き日にかなり登った山についても国内、海外を問わず非常に詳しい。スポーツ観戦、落語も好きで、ホタルにも夢中。 ラーメン、寿司、焼酎にもとことんハマっています。 異常なまでの凝り性で、好きなことにはとことんのめり込まないと気が済まないタイプ。 どうかよろしくお願いします。 詳細はグローバルメニューとフッターの「熱々たけちゃんのプロフィール」をご覧ください。
熱々たけちゃんの記事一覧
NEW!
【半藤一利対談シリーズ③】保阪正康「賊軍の昭和史」が驚くことばかりで実に刺激的な一冊!
NEW!
【半藤一利対談シリーズ②】出口治明「明治維新とは何だったのか」が驚くべきおもしろさで興奮必至!
【半藤一利対談シリーズ①】佐藤優「21世紀の戦争論~昭和史から考える」に大変な衝撃を受ける!
カモメになったペンギン〜リーダーシップ論の権威コッターによる感動の寓話
加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』〜全ての日本人必読の「歴史的」な名著。
手塚治虫:「シュマリ」が熱い。血が騒ぎ、胸躍る大いなる大河ロマン〜手塚治虫を語り尽くす⑫
半藤一利が別冊太陽に登場。ファンには必携の新たな家宝が加わった!
リドリー・スコットらしからぬ「マッチスティック・メン」に脱帽。最高におもしろい!~いま観るべき熱々映画
【立花隆追悼特集】既に発行されていた!「立花隆のすべて」驚きと感激と!
【立花隆追悼特集】立花隆の遺作「最後に語り伝えたいこと」を夢中になって丸一日で読み終えた!
76回目の終戦記念日に読み終えた貴重な一冊!「太平洋戦争への道 1931~1941」を読んでほしい
リドリー・スコットの「ワールド・オブ・ライズ」。隠れた傑作に心奪われる!~いま観るべき熱々映画
馳星周の「少年と犬」。全ての謎が解き明かされる最後には大泣きの感動作!
じわじわと感動が込み上げる西川美和の「ディア・ドクター」!観る者に課題を突きつける至高の人間ドラマ~いま観るべき熱々映画
西川美和の大問題作「ゆれる」に衝撃を受ける~いま観るべき熱々映画